ホーム 福祉ボランティアセンターについて フロアマップ サイトマップ ひと・まち交流館 京都

ホーム > 認知症になっても安心 > 認知症ケース検討会

認知症ケース検討会


研修名
認知症ケース検討会
概要

【認知症ケース検討会とは?】 
認知症の方や家族を支援する専門職が、支援困難と感じたり、支援に悩んでいるケースについて、認知症専門医を中心とするメンバーとケース検討を行うことで、支援の方向性を考えるとともに、事例提供者や他参加者の学びの機会となることを目的に開催しています。


助言者は、

京都府作業療法士会
京都市地域包括支援センター・在宅介護支援センター連絡協議会
公益法人 認知症の人と家族の会 京都府支部

です。
対象者

認知症の方を支援する京都市内の介護保険事業所等職員 

開催回数
年5回程度
担当者よりメッセージ

日々の支援業務の中で、認知症専門医の意見を聞いてみたい、どのように支援したらいいのかわからない、他の専門職からアドバイスがほしい等と思われるケースについて、事例を出してみませんか?

アクセス・交通 プライバシーポリシー