ホーム 福祉ボランティアセンターについて フロアマップ サイトマップ ひと・まち交流館 京都

ホーム > 学びたい(専門職の方向け) > 認知症介護実践者研修

認知症介護実践者研修


研修名
認知症介護実践者研修
概要

1 目的
高齢者介護実務者及びその指導的立場にある者に対し,認知症の方の介護に関する実践的研修を実施することにより,認知症介護技術の向上を図り,認知症介護の専門職員を養成し,もって認知症の方に対する介護サービスの充実を図ることを目的とする。


2 研修内容


(1) 受講資格
介護保険施設・事業所等に従事する介護職員等で,認知症の知識に関して,一定の知識(介護福祉士と同程度の知識)を習得している者で,かつ介護実務経験が2年以上ある者。
認知症介護実務者研修(基礎課程)を受講された方は,受講対象となりませんの
で,御注意ください
(2) 目標
認知症の人の立場に立ち,「認知症という病気をかかえて生きる」気持ちを理解しようとする。そのうえで認知症の人のその人らしい暮らしを実現するために必要な知識や技術(医学,介護,環境,家族の思い,権利擁護,ケアマネジメント,リスクマネジメント等)について学ぶ。
演習・職場実習発表をとおして,自分の意見や他者の意見を積極的に交換し,気づき,学びの理解を深める。
受講生自身の認知症介護の理念について考え,表現する。
講義・演習で学んだ知識や技術をもとに,一人の認知症の方の言動・行動の背景を知り,その人の立場に立って,思いや願いを考えケアに繋げる。

 

平成28年度の申込用紙を使用してください。

■  平成28年度実践者研修募集要項 

■ ◆日程表(実践者研修)

■  申込書(実践者研修)

■ ぁ受講申込レポート(実践者研修)

■ ァ協力同意書

■ Α同意を得る際の注意事項

■ А講義等の記録

 

開催回数
●年4回 合計240名(1回60名) 
担当者よりメッセージ
 これだけ時間をかけて「認知症」のことを学ぶ機会はあまりないと思います。講義内容は、「聞くだけ」という受け身の研修ではなく、むしろグループワークを中心に進められます。講義を聞いて感じたこと、経験をもとに思うことなどを意見交換をすることで、今までの知識が整理できたり、新たな気づきを得られます。講師からだけでなく、受講生同士で刺激し合い、互いに学びを深める良い機会となっています。
 研修の学びを介護の現場に活かしてみませんか。
アクセス・交通 プライバシーポリシー