ホーム 福祉ボランティアセンターについて フロアマップ サイトマップ ひと・まち交流館 京都

ホーム > 学びたい(専門職の方向け) > 認知症介護実践リーダー研修

認知症介護実践リーダー研修


研修名
認知症介護実践リーダー研修
概要

1.目的
  高齢者介護実務者及びその指導的立場にある者に対し,認知症の方の介護に関する実践的研修を実施することにより,認知症介護技術の向上を図り,認知症介護の専門職員を養成し,もって認知症の方に対する介護サービスの充実を図ることを目的とする。

 

2.研修内容

(1) 受講資格

 介護保険施設・事業所等で認知症介護に携わる介護職員で、介護実務経験が5年以上あり, 施設・事業所等においてリーダー的な立場で従事している者,もしくはその予定の者で,かつ認知症介護実践者研修もしくは旧認知症介護実務者研修(基礎課程)を修了し1年以上経過している者。

  ※ 次の者は受講対象となりません。また、研修受講中に離職又は京都市外の施設へ職場が異動になった場合も修了できません。ご注意ください。

 ・平成27年度認知症介護実践者研修の修了生【修了後1年に満たないため】

 ・旧認知症介護実務者研修(専門課程)修了性【本研修を修了したものとみなされるため】

(2) 目標

 (講義・演習)
  認知症の人の立場に立ち,認知症の人が望む暮らしを支援するために,多様な 視点で認知症の人の状態やその人を取り巻く環境をとらえる力を身に付ける。また,介護現場においてリーダー的立場に立つ者に必要な知識・技術を習得する。

 (他施設実習) 
  講義による倫理学習や演習による思考の訓練と習得した知識や技術を基にして,利用者の生活の場面でともに時間を共有し,より専門的な感性と能力を磨くことに繋げる。

 (職場実習) *受講生自身の職場において実施
  リーダーとして現場に伝えていくこと,現場職員の気づきや学びを引き出して いくことを学ぶ。
  現場職員とともに,認知症の人の立場に立った思いや願いを言語化し、その思いに
沿ったケアプランを考え,ケアを実践し,評価する。
  また,その取組をとおして,現場職員の気づきやスタッフの力を引き出すリー
ダーとしての自分自身の振り返り,職場実習を通してわかったケアチームの課題をリーダーとして適切な表現でまとめ,発表し,他の受講生や講師と意見交換するとともに,学びや気づきを共有する。

 

平成28年度の募集は終了しました。

■   平成28年度募集要綱(実践リーダー研修) 

■ ◆日程表(実践リーダー研修)

■  協力同意書

■ ぁ同意を得る際の注意事項

■ ァ講義等の記録

 

開催回数
年1回 30名
担当者よりメッセージ
知識や技術を基に、講義による倫理学習や演習による思考の訓練を積み重ね、リーダーとしてのチームケアを実践していきます。その中での気づきや学びが、より専門的な感性と能力を習得する機会になっています。

受講者同士や講師との時間をこれからの自分や介護の現場に活かしてみませんか。

アクセス・交通 プライバシーポリシー